女たちの都~ワッゲンオッゲン~

物語

熊本県天草牛深。ウツボ屋の女房として店と家庭を切り盛りする弓枝は、娘・美香を都会の大学に送り出し旦那の晃司と二人暮らし。俊恵は漁師のマザコン夫の元に嫁いで10年子どもなし、そのため同居する義母との関係も一触即発状態だ。アネさんと慕われるスナックのママゆり子は未婚のままで、今やずいぶん薹が立ってきた。漁の町として魚と花街で栄えたこの牛深も、いまや閑古鳥が鳴いていて、人口も減り働く場もなく、祭りもどこか活気がない。祭りの夜、晃司と俊恵の旦那・徹也、ひとりものの昭一の幼なじみ三人衆が中心となって宴会で騒いでいるが、台所では嫁たちの世間話に花が咲く。男たちはいつもろくに働かず酔っぱらってばかりだから、女たちの世間話はいつも「街の活性化」。築100年の元遊郭「三浦屋」がいよいよ解体されるという。活性化は人が増えること。人が増えれば金が回る、金が回れば町の経済もよくなって、就職先もできて美香も実家に帰ってこられる! 「三浦屋使って芸者やろう、芸者!」離婚を機に東京から戻って来た晴美も加わり、弓枝と仲間たちの一風変わった地域活性化計画が始まった。インターネットを駆使した芸者募集。全国から続々と女たちが集まってくる。シングルマザー、借金女、結婚できない女・・・。料亭を中心に活気の戻ってくる町。やりがいを見つけて輝きだす女たち。若いとはいえない彼女達だが、女性ならではのアイディアと実行力でマイナスをプラスに変えていく。弓枝が働くことにへそを曲げていた晃司も、次第に心を動かされる。いつしか町のみんなの夢を背負った料亭「三浦屋」その行き着く先は・・・